山香温泉 風の郷

·

遠いふるさとの記憶を呼び起こす、
地元に愛される宿。

大分県は山香(やまが)温泉に唯一つしかない湯宿『風の郷(さと)』。温泉通にさえあまり知られてこなかった徒ならぬ湯元を訪ねた。

 
癒しの湯宿で敢えて
「何もしない」贅沢を

大分県北東部に位置する国東(くにさき)半島の山あいを行くと、突如として現れる山香温泉。風の郷はこの湯元に唯一つの宿であり、地元の人々にこよなく愛されている。客室は全て平屋建てで別棟となっており、一室一室がまるで離れのような造りとなっている。

%e5%85%a8%e6%99%af1

竹や樹々に囲まれ、静けさが辺りを包み込んでいる。その静寂は春先から鳴き始める鶯のさえずりが聞こえ、訪れる度に上手になっていく様が愉しめるほどだという。

%e5%86%85%e9%a2%a8%e5%91%82%e4%b8%b8

泉質は炭酸水素塩泉。独特な香りと、心地の良いとろっとろの肌触りが特長。肌の表面をやわらかくし、脂肪分や分泌物を乳化させ、湯上がりには清涼感がある。女性からは「化粧水が要らない」と評判だ。


 
そのため閑静な宿においてひときわ客室の静けさが際立ち、夜には旅客だけの穏やかな世界を堪能することができる。バリアフリーの内湯がある洋室、広々としたデッキテラスのある和室に加え、3タイプの個性的な離れと、どの客室においても存分に寛げる。癒しの湯宿で、ゆったりと何もせず、静かな刻に身を委ねるのもいいだろう。

%e5%92%8c%e5%ae%a410%e7%95%b3%e5%ae%a2%e5%ae%a4%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%991%e6%b4%8b%e5%ae%a4%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99
 
山中に居ながらにして
新鮮な魚介が味わえる驚き

夕餉には山の幸だけでなく、新鮮な海の幸も並ぶ。「なぜこの山中でこれ程の刺身が食べられるのか」という質問も多く寄せられるというが、これには理由がある。料理長が朝、漁港の魚市場に自ら出向いて選び抜き、これを厨房の生け簀で泳がせているそうだ。料理を供されるまで新鮮さを保った魚介料理には、自分が山にいることを忘れてしまうほど。もちろん野菜も旬の地元食材をふんだんに用いており、まさに山海の幸に舌鼓。この驚きを是非味わって頂きたい。
※旬の素材を調理しておりますので、メニューや器が変わる場合がございます。

img_2634


  • 所在地/大分県杵築市山香町大字倉成3003
  • アクセス/中山香駅より車で5分、大分農業文化公園インターより車で30分
  • チェックイン/15:00 チェックアウト/10:00
  • 客室数/12室(洋室2、和室7、離れ3)
  • 泉質/塩化物泉「炭酸水素塩泉」
  • 露天風呂あり
  • 会場食
    • 小倉南インターから車で約90分の 好アクセス


風の郷公式サイトhttp://www.yamaga-kazenosato.com/

この記事をシェア!Share on Facebook7Tweet about this on Twitter

関連記事