九州の宿が直面する問題とは? 湯布院のホテル支配人に聞く 宿の現状と、その心情。

·

top5

比較的、熊本地震による影響も強かったとされる大分県の湯布院では、
復旧後の客足が戻らず、依然厳しい局面を迎えている。
湯布院 ホテル森のテラス支配人、青木さんにその現状とその心情について語って頂いた。
(取材日:2016年4月27日)

復旧しているにも関わらず
湯布院の大半の店が
開店休業状態に

記者:熊本地震があった時の状況からお聞かせください。

青木支配人:大分県は震度6の揺れがあり、ホテル森のテラスをオープンしてから初めての経験でした。
建物そのものには影響がありませんでした。外装のレンガが10枚ほどポロポロと落ちた程度で、スタッフが全て自分たちで修復しています。
4月28日まで臨時休業しましたが、建物に問題があったわけではありません。お客様がいれば営業していましたが、キャンセルがあり、全て空室となったため休業していました。
もともとゴールデンウィーク直前だったのでお客様は少ない時期ですが、例年もゼロではなかったです。それがキャンセルとなり、閉めざるをえなかったのです。
湯布院の他の宿も、同じような状況かと思います。ただ、中にはほとんど影響がなく、地震の翌日から開けている所もありました。
今も湯の坪街道という湯布院のメインストリートでは、ほとんどのお店が開いています。

記者:客足はいかがですか?

青木支配人:ガラガラです。ガラガラですが開店しているような状況です。おみやげ屋さんは数多くありますし、飲食店や旅館も集まっていますが、人が少ない。湯布院はお客様がいつ来ても受け入れる体制がありますが、人が来ないんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

記者:道路事情としては、福岡の方からは来れますね。

青木支配人:福岡の方からは高速道路も通れるので問題ないです。

記者:温泉が出ないなどはありませんか?

青木支配人:当ホテルでは問題がなく、源泉からしっかりと湧いています。

「人が来て成り立つ」
観光業の厳しさに直面

記者:どれくらいの宿泊キャンセルがありましたか?

青木支配人:地震直後からキャンセルが入り始め、これまであった予約の8~9割がキャンセルとなりました。
震度1~2くらいとはいえ、連日余震が報道されており「近づきたくない」という目で見られてしまっているようです。

記者:キャンセルした方は、どちらの方が多いですか?

青木支配人:福岡、熊本、東京、大阪などですね。もちろん熊本は被災されており、それどころではないかとは思います。

記者:宿泊施設に対して、国からの災害支援などはありますか?

青木支配人:聞いたところ、今のところは大分県では無いという回答でした。
観光業は、どうしてもこういう災害には弱いですね…。「いつも通り営業しています」といくら言っても、お客様の気持ちが「まだ行きたくない」「九州は行くのをやめておこう」となったらどうしようもないわけです。
お客様の『選択肢の中に入らなくなる』これが一番厳しいですね。
観光業は、人が来てくれて初めて成り立つビジネスなので。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「それでも来ていただける」
お客様には感謝を込めて
割引料金に

記者:営業再開日はいつですか?

青木支配人:4月29日からです。キャンセルせずに残ってくれていたお客様の予約が、29日からあるんです。

記者:宿泊料金は、ゴールデンウィーク料金なんでしょうか?

青木支配人:ゴールデンウィーク中も割引しています。1人あたり3000円~4000円くらいです。
当ホテルの価格設定は、平日料金、休前日料金、年末年始・ゴールデンウィーク料金の3種類があります。当然、年末年始・ゴールデンウィーク料金が最も高くなるわけですが、4月29日~5月4日のゴールデンウィーク料金を休前日料金にして、お安くしています。

記者:ゴールデンウィーク中に割引されることなんてめったにないですよね。

青木支配人:こんな状況でキャンセルもせずにあえて来て頂いているのだから、やはり便宜を図らないとダメだろうと考えました。来て頂くという感謝の気持ちを込めての価格となっています。また、ジャムのセットなどをプレゼントしようと思っています。
また、これは普段から同じように行っていますが、鉄道で来た方には、ホテルへの送迎も行っています。ご希望であればチェックアウトからお昼までのあいだ、ローズガーデンや金鱗湖、狭霧台などの観光地へのご案内も無料のサービスを行っています。

_DSC7708_s

_DSC7611_s

 

「観光地は遊ぶ場です。
自粛せずに来ていただくことが
何より助かります」

記者:これからいらっしゃることを検討している方に、何かメッセージを頂けますか?

青木支配人:当ホテルも通常の姿を取り戻しました。やはり「被災しているから遊びに行かない方がいいだろう」ということではなく…観光地は「遊ぶ場」ですので。安心が確認できれば、ぜひ来て頂きたいです。それが地域の活性化に繋がりますので。
当ホテルの見どころの一つ、ローズガーデンの方も全く問題はありませんので、5月中旬ごろには見頃を迎えます。ローズガーデンにたくさんの花が咲いていきますので、ぜひ一度いらっしゃってください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

button_yado-01


 

この記事をシェア!Share on Facebook122Tweet about this on Twitter

関連記事