城島高原ホテル

·

三世代に愛されつづけている高原リゾート
城島高原パーク、城島高原ゴルフクラブも隣接した避暑地の宿

湯布院と別府の中心に位置する「城島高原ホテル」は、標高700メートルの風渡る高原のリゾートホテル。周辺の観光拠点としても高い人気を誇っている。

 

別府・湯布院から車でわずか15分
高原リゾートを満喫

湯布院、別府という観光地から車で15分のロケーションにある城島高原には、この城島高原ホテルをはじめ、城島高原パーク、城島高原ゴルフクラブの3つの魅力的な施設がある。

城島高原全景_s

 

ホテルに隣接する城島高原パークは、日本初の木製コースター“ジュピター”をはじめ、興奮のスリルライド群、ファンタジックアドベンチャー“脱出の森”や三次元迷路“MARS”、城島高原パークのオリジナル “キッズ・ドライビング・スクール”などお子様はもちろん、童心に帰って大人も楽しめるアトラクションが目白押し。雨が降り出しても安心して楽しめるようにと、キッズ向けの“城島おもちゃ王国”には知育玩具もたくさん揃えてある。

城島高原パーク

 

また、城島高原ゴルフクラブは、由布岳の裾野に広がる雄大な18ホールのパブリックコース。ホテルからクラブハウス直結しているので、ゴルフ三昧したい方にはおすすめ。ゴルフカートには最新鋭のGPSナビゲーションシステムが装備されており、コースの攻め方や残りの距離などを把握しながらのプレイが楽しめるのもこのコースの魅力となっている。


高原リゾートならではの開放感
広いお部屋でのんびりくつろぐ

三ツ矢のシルエットとチャペルが印象的なこのホテルから城島高原の360°の大パノラマを眺めることができる。和室・洋室・和洋室と趣の異なるお部屋のタイプが用意されており、レジャーはもちろん、ビジネスユースにも対応できるようにツインルーム、シングルルームもラインアップ。客室数は和洋室32室、和室16室、洋室20室、特別室3室の全71室。特に、2名〜7名で利用できる71㎡~83㎡の広々としたセパレートタイプの和洋室はホテル自慢のゲストルームになっている。

和洋室

 

月替わりでメインのお料理が一新
食べ放題のレストランバンキング

食事は、旅の醍醐味のひとつ。城島高原ホテル “バイキングレストラン森の歌”の目玉は、「毎月変わるメイン料理」。うなぎや鮎、季節の彩り野菜、カニ、エビ、ローストビーフや新鮮な海の幸など、新鮮な食材を厳選して、レストランシェフが腕によりをかけて、出来立てのおいしさを届けてくれる。そのバイキングメニューはメイン料理+豪華30種類との料理も目移りしてしまうくらい。しかも、うれしいことに食べ放題。“利休庵”では、さらに素材にこだわった贅沢な会席料理がゆったりと楽しめる(要予約)。

 

なめらかな肌ざわりの天然温泉
星たちと浸かる露天風呂

露天風呂「城島温泉大地の湯」の無色透明でなめらかな肌ざわりは、200年の歳月をかけて地下深く浸透した自然水を循環させる大地が成せる仕業とか。昼には開放感にあふれる露天風呂に浸かりながら大自然を満喫、夜ともなると、星空のもと光と影の織りなす天然のプラネタリウムに身を浮かべてみる。

大浴場

大浴場

露天風呂_s
男性大浴場は檜造りのお風呂で、その香りは森林浴と同じように深く心身をほぐしてくれる。女性大浴場は洋風な雰囲気を漂わせる大理石造りで、ジャグジーでは心地いいバブルの刺激にも癒される。このほか、貸し切り風呂も用意されている。
城島温泉の泉質は単純泉で、泉温は62.9℃、きりきず・やけど・神経痛・筋肉痛・関節痛・慢性皮膚病・慢性消化器病・慢性婦人病・冷え症などに効くという。「城島高原ホテル」は、高原のやさしい風に吹かれながら自由気ままを満喫できる絶好のリゾートホテル。湯布院・別府どちらも楽しみたい方にぜひおすすめしたい。


  • 所在地/大分県別府市城島高原123番地
  • アクセス/別府駅西口ターミナルから車で約25分
  • チェックイン/14:00 チェックアウト/11:00
  • 客室数/71室
  • 泉質/単純温泉
  • 天然温泉
  • 貸切風呂


城島高原ホテル公式サイトhttp://www.kijimakogen-hotel.jp

この記事をシェア!Share on Facebook16Tweet about this on Twitter

関連記事