ホテルブリスヴィラ波佐見

·

日本遺産の肥前窯業圏を往く、
窯元を訪ねる旅路へ。

2016年、日本遺産に認定された九州北西部の「肥前窯業圏」。波佐見町もそのひとつであり、注目を集めているエリアだ。今回、やきもの巡りへの足掛かりとして好立地にある「ホテルブリスヴィラ波佐見」を拠点とした旅に出掛けた。

 

波佐見、有田への
絶好のとまり木として

かつて肥前国として窯業が繁栄し、現代にもその技術が承継されている九州北西部。この一帯は多くの窯元が在るが、中でも波佐見、有田の数は群を抜いている。その旅路にお勧めのホテルが「ホテルブリスヴィラ波佐見」。窯元を訪ねる旅のとまり木として絶好の立地で、有田にも車なら15分ほどで行ける。

茶室ギャラリー「KANZA」では、朝から抹茶を提供している。KANZAとは「閑座聴松風(かんざしてしょうふうをきく)」という茶室にまつわる禅語に由来。

茶室ギャラリー「KANZA」では、朝から抹茶を提供している。KANZAとは「閑座聴松風(かんざしてしょうふうをきく)」という茶室にまつわる禅語に由来。

0013

温泉の写真は、ホテルが提携している「はさみ温泉・湯治楼(ゆうじろう)」。 歩いて1分で行ける上に、宿泊者は入湯券で何度でも利用できるのが嬉しい。泉質は炭酸水素塩泉/高濃度炭酸泉(別名「心臓の湯」)。

温泉の写真は、ホテルが提携している「はさみ温泉・湯治楼(ゆうじろう)」。
歩いて1分で行ける上に、宿泊者は入湯券で何度でも利用できるのが嬉しい。泉質は炭酸水素塩泉/高濃度炭酸泉(別名「心臓の湯」)。

 

百花繚乱の陶芸を愛でる散策を終え、旅の疲れを癒やすのは、同ホテルが提携している「はさみ温泉・湯治楼(ゆうじろう)」。ホテルから徒歩約1分の源泉掛け流しの温泉だ。高濃度炭酸泉は別名「心臓の湯」とも呼ばれ、高血圧、足の痛み、アトピー性皮膚炎、糖尿病等の効能を示す。宿泊者には入湯券がもらえ、チェックアウトの日まで何度でも使える。是非やきものの旅に利用して頂きたい。

朝食 波佐見焼湯呑み

客室 ツインルーム

 

陶農の里 波佐見の豆腐と
鬼木棚田米の豆腐御飯も提供

朝食は基本的に和食・洋食を選択する個食スタイル(日によってビュッフェスタイルに変更する場合もあり)。棚田百選に選ばれている波佐見町鬼木郷で育てられたお米や、雲仙産の卵・野菜など長崎県内の食材を中心にした料理が並ぶ。また和食・洋食を問わず希望者には楽天トラベル主催の「朝ごはんフェスティバル2016」に県代表としてエントリーした「陶農の里 波佐見の豆腐と鬼木棚田米の豆腐御飯」を提供している。

朝食・和食イメージ

 


  • 所在地/長崎県東彼杵郡波佐見町長野郷567-1
  • アクセス/天神・博多駅から車で約90分、JR川棚駅から車で約12分、JR有田駅から車で約15分、ハウステンボスから車で約28分
  • チェックイン/15:00 チェックアウト/10:00
  • 客室数/44室  [駐車場無料]
  • 小学6年生まで添い寝無料
  • ツインルーム2名様朝食付き
  • はさみ温泉・湯治楼入湯券付き


ホテルブリスヴィラ波佐見公式サイトhttp://www.hotel-blissvilla.com/

この記事をシェア!Share on Facebook4Tweet about this on Twitter

関連記事