大地震を耐え抜いた「阿蘇ファームランド」。 営業再開までの軌跡〈熊本県南阿蘇村〉

·

zone

い空に真っ白な入道雲、さわやかな風が吹き渡る熊本県の南阿蘇村。牧歌的な田園風景の中、丸い形をしたドームホテルがいくつも建ち並ぶ阿蘇ファームランドでは、メンテナンスが急ピッチで進められ、8月より一般営業を再開した。
阿蘇ファームランドは、健康の専門家が監修している世界唯一のテーマパークで、「2012年度全国テーマパーク入場者見通しランキング」では第4位を獲得するなど、毎年400万人以上ものお客様に利用されてきた。日本最大級の大自然石庭露天風呂をはじめ、様々な種類の風呂や乳幼児から高齢者までが楽しめる多彩な運動アトラクションがある人気のスポットだ。
「熊本地震」を耐え抜いた阿蘇ファームランドは、震災から学んだ多くのものを活かしながらこれから熊本を訪れる人たちに元気を届けようとしている、その営業再開までの姿をレポートする。

①作業風景

 

柱やカドがないまぁるいドームホテルは無傷

今年になってゴールデンウィークの予約状況は、過去最多のペースを更新。宿泊の注文を受けるパソコンがパンクするほど、そのいそがしさにスタッフもてんてこ舞いするほどだった。予約漏れがあっては大変。うれしい悲鳴があがっている最中、だれもが予想もしない熊本地震が起きた。
ドームホテルは無傷であったが、施設内でスタッフが丹精込めて栽培していた農園野菜や植物はひっくり返り、多くの旅行者でにぎわうはずのゴールデンウィークのスケジュールは全て白紙。多くのスタッフは落ち込んだ。しかし、震災直後、代表から「施設を8月に復旧させよう」と伝えられると、スタッフ一丸となって、やる気全開で復興に向けて立ち上がったのである。

2-A´

 

全国からの応援が、復興の力に。

5月末から阿蘇ファームランドは南阿蘇村に住む人たちの二次避難所に指定され、被災された家族約700名を受け入れた。避難者は、レストランでの食事、阿蘇健康火山温泉で入浴と、快適な生活が営まれているようだ。ここに一時的に避難している被災者は、「安心して生活できる」「プライバシーが守れる」と満足そう。
ロビーには全国から寄せ書きや救援物資も届けられ、被災者の元気の源になった。そんな避難生活の中、阿蘇ファームランドを会場に阿波おどり連の風来坊連による太鼓や笛の独特なリズムの元気みなぎる踊りが披露された。
徳島の阿波踊りは、熊本県牛深の牛深ハイヤ節が元唄であることが紹介され、熊本と徳島の阿波に、つながりがあったことに会場は沸き、その支援のつながりにスタッフも勇気づけられたそうだ。

③A

 

点から線へ、線から面へ、つながる旅を

震災から4ヶ月後、ついに一般営業が8月より一部再開された。懸命のメンテナンス工事は順調に進み、施設の安全性は確保され、地震前のように三世代が安心して楽しめるように、温泉はもちろん、元気の森など健康アトラクションもすっかり整備されている。しかし、熊本ICから阿蘇ヘと続く国道57号の復旧は目途が立っていない。そして、熊本の観光地は相変わらず風評被害の影響はおさまっていないという。
シーズンを前に南阿蘇観光のこれからのことが気にかかってしまう。以前のような活気を取り戻す打開策はあるのだろうか。
阿蘇ファームランドの増田康二営業統括部長は、こう語る。「大切なのは、つながり。地震に見舞われた人を助け合うのもつながりであるように、いまこそ観光地や観光施設もつながることが大切ではないだろうか。これまでの阿蘇地区をはじめ、熊本の観光施設はそれぞれが動いている状況であったが、今回の震災をきっかけに、多くの支援に励まされ、つながりの肝要さをあらためて実感した。みんなが手を取り合って、自然が美しい阿蘇という雄大な場所で、ゆたかな休日をすごせるように寄り道しながらゆっくりと巡る新しい旅を提供できれば、旅する人にとっても新しい楽しみ方に満足してくれるはず」

④

確かに、国道57号線の交通が遮断されているのなら新しいルートを開発することで熊本のすばらしさを組み合わせればいい。
阿蘇周辺だけでも「阿蘇カドリー・ドミニオン」、「猿まわし劇場」とふれあいを楽しめる施設が充実しており、周遊の魅力にあふれている。さらに福岡方面から植木ICで降りて阿蘇に向かうルートでは、「コッコファーム」、道の駅七城メロンドーム」など熊本の食が楽しめるなど、熊本の多彩な魅力を満喫することができる。
これなら南阿蘇はもちろん、熊本の多彩な魅力と出会えるはずだ。
オール熊本、いやオール九州で、点から線へ、そして面となることで、一つ一つの観光魅力を伝えていく計画が、この阿蘇ファームランドから震災復興とともにおおきく動き出そうとしている。そんな阿蘇の魅力を再発見しに訪れてはいかがだろうか。

 


  • 所在地/熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽5579-3
  • アクセス/【車でのアクセス】 九州自動車道、
    熊本ICよりミルクロード経由で車で約60分、
    植木ICより菊池・ミルクロード経由で約80分


阿蘇ファームランド公式サイト▶http://www.asofarmland.co.jp/

 

この記事をシェア!Share on Facebook161Tweet about this on Twitter

関連記事